【人物紹介】ベースが上手い人・日本人男性編

曲を支えるにあたって、とても大事なパート「ベース」

今回は、日本人男性のプロベーシストを5人ご紹介します。

BOH

BABYMETAL(神バンド)サポートで知るきっかけになった方が結構多いのではないでしょうか。(現在)

本名は 棒手 大輔(ぼうて だいすけ)なので「BOH」

「BOH」には、スロバキア語では「神」という意味があるみたいです。(絶対後付け)

ATELIER Z の6弦ベースを使用、高い演奏技術をもち合わせていて、

難易度の高いフレーズを笑顔でおなすイメージがある凄腕ベーシストです。

IKUO

スリーフィンガーピッキング、タッピング、スラップなどの技術を高いレベルで持ち合わせる人気ベーシストです。

ESPの5弦ベースを使用。

BULL ZEICHEN 88、Rayflowerのベーシストとしての活動と並行して

T.M.RevolutionやAcid Black Cherry、BABYMETALなど多くのアーティストの

サポートで活躍中の名実ともにNo,1と言ってもいいベーシストなので要チェックです。

 

めっちゃお値段しますが、シグネイチャーモデルのベースです。

bitoku

だいぶコアな人しか知らない人ですが、

Sailing Before The Windのbitokuさん。

視覚的な要素、それこそ着るものをウィンドブレーカーで統一してみたり、

動きを合わせてみたり、海外のアンダーグラウンドにある新しい要素を持ち込む等、

bitokuさんが日本のメタルコアシーンに与えた影響は半端ないです。

また、bitokuさんは自信の経験知識をもとにnoteで色んな音楽情報を発信してます。

勉強になることがとても多いので、是非ご覧になってみて下さい!

アイバニーズ「BTB」シリーズの5弦をメインで使用。

以前はCrystal Lakeのサポートも務めていました。

ハマ・オカモト

ダウンタウンの浜田雅功さんの実の息子であり、星野源や八代亜紀、MIYAVIなど様々なアーティストのサポートを務める

あまり日本人とエンドース契約を結ばないと有名なフェンダーと日本人初のエンドース契約を果たす。(フェンダー4弦を使用。)

今後の活躍に大きく期待できるベーシストです!

 

ちなみに、フェンダーから出たシグネイチャーモデルのベースの評判がとてもよろしいです。(僕も試奏して感動しました。)

寺沢功一

B’zやGACKTなどのサポートを務め、その実力はプロ中のプロからも認められています。

載せた動画を見てもらうとわかると思うのですが、音の説得力が半端ないです。。。

亀田誠二

東京事変のベーシストとして知られ、椎名林檎やDo As Infinityなど多くのアーティストのプロデュース、サポートを務めています。

亀田さんのベースプレイのお最大の魅力は、

「メロディーを喰わない派手なベースライン」だと思います。

まとめ

以上、「ベースが上手い人・日本人男性編」でした!

今度は外国人編を記そうと思ってます。

読んでいただき、ありがとうございました。

Magy公式LINEアカウント

ブログの更新情報や最新音楽ニュースをお届けしています。

気軽に登録してみてください。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
>Magy公式LINEへ登録をお願いします!

Magy公式LINEへ登録をお願いします!

ブログ更新情報やLINE限定企画なども今後予定しているのでボタンを押して登録しておいて下さい!

CTR IMG