【機材紹介】プロも使う!初心者でも扱いやすいベースエフェクター

「ベースのエフェクター欲しいけど、どれ買えばいいかわからない」

という声に答えます。

本記事の内容

おススメのベースエフェクターの紹介

この記事を書く僕は、2019年現在ベース歴4年の20歳です。

最初は、機材に関して右も左もわからなかったんですが、

友人や先輩が使ってる機材について話をきいたり、

自分で色々調べ試奏したり購入したりしてきた

僕の経験をもとに記させていただきます。

マルチエフェクター

B3n

プロも愛用している人が多い、「B3n
値段も安く、操作が難しくない為、初心者の方にもかなりおススメです!
B3nは最高3つ同時にエフェクトをかけれるのが特徴のひとつであり、
歪み、空間系、モジュレーション系、ダイナミクス系など
どれも良いエフェクトが詰まってます。
B3nだけで、クオリティの高い音は100%できます!
前作のB3と比べ大きく変わったのは、
ベースプリアンプにダークグラスが追加された事ですね!
しかも本家と音がそんなに変わらないので最高です。

B3nの購入が難しい方はB1 FOURがおススメです!
B3nとの違いは使える音が減るだけです!

反対意見

なかには、
最初にマルチエフェクターを買うのはやめた方がいいという人もたくさんいます。
必要最低限の好きな機材コンパクトエフェクターを
一つ一つ揃えていい音を作った方が良いという意見なのですが、
確かにその方が機材操作や、音探しに時間がかからないのですが、
僕はお金がかかりすぎると思うのでおススメしません。
お金に余裕がある人は、そのやり方でいいと思います。

コンパクトエフェクター

プリアンプ

ベースプリアンプの定番を4つご紹介します。

SANSAMP

LUNA SEA のJさん、Sailing Before The WindのBtokuさん、

オレンジレンジのYOHさん等が愛用するSANSAMP

20年以上にわたりロングセラーを続ける超人気ベースプリアンプです。

MXR

クリーン/ディストーションの2つのモードを持ち、

ディストーションは原音をミックスするブレンド・コントロールにより

自然な歪みを実現させてくれます!

ikuoさんや、オレンジレンジのYOHさん等が愛用しています。

B7K

フィンランドにて100%ハンドメイドで製作されている「B7k」

幅広いジャンルで活躍することが可能であるのですが、

ドンシャリで、攻撃的なドライブサウンドを作りたい方にかなりおススメです!

ゲスの極み乙女の次長課長さん等が愛用しています。

EDEN

他のプリアンプとの最大の違いは歪まないことです。

音のクリアさが増して1音1音がハッキリと聞こえるようになるのが

最大の特徴で扱いやすいです。

コンプレッサー

多弦ベーシストは特に低音と高音の音量、音圧に差が出ないようにするのが

とても大切なので、コンプレッサーも紹介していきます。

K&R

だいぶコアな機材ですが、

K&Rのコンプは、音色は変えずにコンプレッションをしてくれるので

原音を残してコンプをかけたい方にかなりおススメです!

ikuoさん等が愛用しています。

まとめ

以上、おすすめ機材を紹介していきました。

バンドやってると誰でも「音作り」という壁にぶち当たり、機材購入に悩むと思います。

その壁を乗り越える手伝いになればいいな、と思って記事を記しました。

読んでいただき、ありがとうございました。

Magy公式LINEアカウント

ブログの更新情報や最新音楽ニュースをお届けしています。

気軽に登録してみてください。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
>Magy公式LINEへ登録をお願いします!

Magy公式LINEへ登録をお願いします!

ブログ更新情報やLINE限定企画なども今後予定しているのでボタンを押して登録しておいて下さい!

CTR IMG