ドラムが秒で上手くなる秘訣をまとめて記しました。

今回は、

「ドラム上手くなりたいけど、どうすれば効率よく上手くなれる?」

という疑問にお答えします。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「これからベース上手くなる為に頑張りたいけど、どこから手をつけていいか分からない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、ドラマーとして向き合うべきポイントがわかり、
プレイ面で躓くことが激減します。

練習する時の絶対条件として、

モチベーションがない時に数時間練習するのはやめてください。
そんなことをしたら、音楽が嫌いになってしまいます。

そういう時は休みましょう。

何事も楽しく、挑戦を繰り返さないと伸びないので時間の無駄です。

練習は詰めすぎず、抜きすぎずにやりましょう。

練習方法

楽曲コピー

楽曲コピーは
曲に対する視野を広げ、フレーズの引き出しを増やすのが目的です。

ですが、なかにはコピーが苦手なのでフレーズの一部だけコピーするような練習をする人もいます。(僕です)

おすすめ曲も載せておきます!


ルーディメンツ

ルーディメンツとは、スネアドラムの基礎奏法を集めたものであり、

基礎奏法とはいっても、
それらは「マーチングやドラムコーでよく使われるスネアドラムのフレーズ集」のようなものです。

ルーディメンツを練習する目的は、

・手首を柔らかくする為

・スティックの持ち方を正す為

上記二つの目的の為です。

・ルーディメンツを習得する時に必要なおススメの練習用パッド

 

ルーディメンツは、

・パラディドル

・シングルストローク

・ダブルストローク

この3つのルーディメンツを最初に覚えれば、
他のルーディメンツもすぐできるようになるので、
この3つから取り掛かるのをおススメします。

1番最初にやるのはパラディドルからがオススメです。

バンド演奏で気を付けること

バンド演奏の一番の土台となるのは、ドラムです。

バンドがしっかりしてるように見えるには、
ドラムがしっかりとしたリズムを刻まないといけません。

そんなドラムのリズムが走ってたりすると
バンドの評価は下がってしまいます。

なので、ドラムを練習するときは
メトロノームを聴きながら練習する習慣をつけましょう。(ルーディメンツを覚えるときも)

 

ただ、それでもドラムの走り癖が治らない時は、

メンバーと過ごす時間を増やしたり、自分のテンションを客観視するようにしましょう。

例:テンションが上がるとドラムが走ってしまう場合
       メンバーの様子を見たり、
        深呼吸するなどして、とにかく自分を落ち着かせましょう!

注意する点

実際本物のドラムで練習するのが一番なのですが、

変に、安い電子ドラムで練習すると本物のドラムを叩くときにズレが

叩き心地が違う、跳ね返りがない(電子ドラム)

まとめ

・本物のドラムを叩いて練習する時間を作りつつ

・ドラムで演奏をより良くする為に、ルーディメンツを練習する

・リズムが走らないようにメトロノームを聴きながら練習する習慣をつける

これを続けておけば100%ドラムは上手くなります。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

Magy公式LINEアカウント

ブログの更新情報や最新音楽ニュースをお届けしています。

気軽に登録してみてください。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
>Magy公式LINEへ登録をお願いします!

Magy公式LINEへ登録をお願いします!

ブログ更新情報やLINE限定企画なども今後予定しているのでボタンを押して登録しておいて下さい!

CTR IMG