ギター初心者必見!簡単にいい音が作れるマルチエフェクター

大魔神
おすすめのマルチエフェクターを知りたい

という悩みにお答えします。

Magy
こんにちは、Magyです。

この記事は、ギター初心者でも扱いやすいマルチエフェクターを参考動画とセットで紹介する記事です。

こんな人にオススメ!
  • エフェクター購入で失敗したくない
  • エフェクターの知識があまりない

GT-1

エフェクターの大手ブランドであるBOSSのGT₋1

エフェクター本体が軽く、持ち運びはかなり楽な機材で、

空間系も優秀で、音質も良く、アンプシミュレーター機能があって、自宅でヘッドホンをすればアンプから音を出してるような感覚で練習する事も可能な便利な機材です。

Magy
実際、僕も一時使用してた時期があり
元々設定されているプリセットの音のクオリティが高く、
機械にうとい人でも音作りに悩む事はないと思います。

※ただ、チャンネルの切り替えについて少し気になるとこがあって、
1→2 3→2 という感じで隣の数字のチャンネルに切り替える事しかできず、
1→4 3→1 というように数字を飛ばしたチャンネル切り替えができないのが難点。

GT₋1だけでもライブする事は可能ですが、
コンパクトエフェクターと一緒に使用したいと考えてる方に一番オススメな機材という感じがします。

↓参考動画↓

G3Xn

ZOOM G3Xnはコスパが良いと評判のエフェクターメーカーZOOMのマルチエフェクター

G3シリーズにはG3nG3Xnの2種類が存在し、G3Xnにはエクスプレッションペダルが搭載されています。ペダルが搭載されることによって、ワウやボリュームペダルなどが使用でき、演奏のふり幅が広がるので、G3Xnを勧めています。

音質は、デジタルエフェクターとは思えない生っぽい音が鳴り、

アンプモデルは他のマルチエフェクターと比べると数が少なく、選択肢が少ないのでそれを選ぶか悩む事がないので、スムーズに音作りに徹することができます。

ライブでも宅録用でもオススメ!

↓参考動画↓

まとめ

今回あえて、選択肢が多くて悩まないように購入しても絶対良いと思ってもらえる自信がある、この2つだけ紹介させていただきました。

この記事がきっかけで、音作りの楽しさ、自分の音楽を創作できる可能性を感じてくれたら嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございました。

Magy公式LINEアカウント

ブログの更新情報や最新音楽ニュースをお届けしています。

気軽に登録してみてください。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
>Magy公式LINEへ登録をお願いします!

Magy公式LINEへ登録をお願いします!

ブログ更新情報やLINE限定企画なども今後予定しているのでボタンを押して登録しておいて下さい!

CTR IMG